「豚骨醤油」タグアーカイブ

まつや 11月26日(日)

今日の活動は、いろいろ迷った挙句、一度訪れたきり味の記憶がない、まつやへ数年ぶりに行ってみました。

記憶には残っていないけど、ネットで見ると最近人気だとか。確かに入って見ると座れないので、とりあえず食券を買って外でしばらく待つ。

店主ひとりで切り盛りしているようで、カウンターのお客さんはほぼ全員待ちの状態。さらに特に急ぐわけでもなくマイペース。しばらくしてお客さんの1人が席を空けて呼び入れてくれました。

注文は、豚骨ラーメン¥700。残念ながらチャーシューのトッピングはありません。出てきた豚骨醤油のラーメンはどろっとしたスープに極太の麺で美味しそうなんですが、味がしない? 煮干ラーメンを食べていた妻も店を出た後で同じことを言っていたので、やはり薄味なんでしょう。

混んでいたのもワンオペのため、たまたまだったようです。残念。

實家 2016年5月12日(木)

希望ヶ丘駅前の松屋の跡地に先日オープンした、實家(みのるや)に行ってきました。

入店すると、券売機のほかあちこちにメニューのポスターがあり、イチオシがどれかわからないけど、とりあえず最上段にある豚骨醤油のチャーシューメン¥900を購入し、麺硬めでオーダー。

出てきた麺は、むむっ、太めとはいえあまり好みでないタイプかも。でも見た目より硬めだったのでそれほど問題はなし。スープは、クリーミーな豚骨で匂いはキツくありません。

一方チャーシューはかなり脂身が強烈で、年齢的にそろそろひかえた方がいいかも。¥800で半餃子とライスの付いたセットがあったので、次回はこちらにするべきか。

そしてカウンターに貼ってあった、「自家製マー油」。有料なのか? 今回は聞けなかったのでこれまた次回に。

藤澤家 1月17日(日)

  

ゴルフの練習を終え、ひさびさにガツンと家系ラーメンを食べにまつり家に行こうかと思ったら、そういえば藤澤家という店に変わってたんだっけ。

どうやら閉店した前店主の元で修行した方が店を引き継ぎ自分の店をオープンしたとのことで安心したものの、チャーシューメン¥920には驚きました。以前は確か¥740位だったので残念です。

とりあえずチャーシューメンのみを注文しましたが、やはりスープがかなり濃いので、ライス¥50を追加。ライスは大きさにかかわらずこの値段です。

極太の麺とチャーシューはいいけど、かつてはモヤチャーなどでちょうどよく薄めていたので、このスープの濃さは参りました。

最近さっぱりしたのばかり食べていたから趣向が変わってきたのかなぁ。

栄家 8月4日(火)

  
暑くてあまり食欲もない気がするけど、昼食をとりに外へ。

「だし屋」の跡地に出来た「真鍋家」に行ってみようかと思ったら、残念ながら駐車場が一杯なので、少し足を延ばして「栄家」に行ってきました。実はこちらもかつて二度ほど駐車場に入れず断念しましたが、今日はラッキーでした。

入るなり強烈な豚骨臭に驚きつつも、ラーメン¥680を麺硬めで注文。

典型的な家系でスープもしょっぱいのかと思いきや、デフォルトですこし脂が多めなため、味の濃さはちょうど良かったです。しかし、真夏に扉全開では冷房がついていても無意味。汗が止まりませんでした。

まつり家 1月18日(日)

チャーシューメン 740円

今日は一人だったので、まつり家へ行きました。ひさしぶりに行ったら、トッピングメニューから「ネギモヤシ」が消えていてショックでした。

注文は、チャーシューメン740円のみ。ご飯が欲しくなりそうですが、ここはグッと我慢。もう若くないですから。

ご飯は無しでも大丈夫でしたが、チャーシューメンのわりにチャーシューが3枚ではちょっと寂しいですね。でもこの価格ならしょうがないか。

ネギモヤシ50円の復活を期待します。

ずいずい 11月2日(日)

並チャーシューメン

実家に帰った時にいつか行きたいと思っていた、ずいずいに両親を誘って行ってきました。

行列ができると聞いていたので、オープンのちょっと前に行くと既に数人の列ができてましたが、心配していたほどではなく一安心。

注文は並チャーシューメン¥900。スープは豚骨醤油で味は濃いめ、麺は太くてコシがあり、チャーシューは脂が少ないけど薄くスライスされていて食べやすかったです。

とても美味しくいただきましたが、還暦を越えた両親には、やっぱり味が濃すぎたかな。

東名家 8月17日(日)

チャーシューメン ¥850

ドライブするほどではないけど、少しFree Timeがあったので、ぶらりと厚木方面へ。信号で引っかかったところに東名家という店があったので、以前から知ってはいましたが初めて入ってみました。

注文は、チャーシューメン¥850。ひさしぶりの家系はどんなものでしょうか?

まず、スープをひとくち。家系のわりに意外とあっさり目で、かつてなら物足りないと感じていたと思いますが、最近、しかも真夏の暑い時に食べるにはちょうどいいかも。チャーシューのボリュームがイマイチでしたが、好きなタイプでした。太麺はつるっと丸い感じの麺ですね。まぁ、平均的に可もなく不可もなくといったところでしょうか。

まつり家 6月16日(日)

 これと言って食べたい拉麺がある訳ではないけど、お腹が空いてきたのでまつり家へいってきました。

 注文は、いつものチャーシュー麺¥740+ネギモヤシ¥50。ネギモヤシをトッピングすると、ただでさえなみなみのスープが表面張力でおさまってる感じになるのでこぼさずに食べるのが大変です。

 ガツンと醤油の効いた豚骨醤油はやはりクセになる味。さらに行者ニンニクを少々入れるのがおススメです。しかし例によって胃がもたれ気味なのは家系の恐ろしいところ。食べ過ぎには気をつけましょう。

松湘家 5月19日(日)

 先月末まで存在していた円熟屋が閉店してまもなく登場した松湘家。看板の雰囲気と「松」の文字から想像できるものの、好きなラーメンなので機会があれば行ってみようということで、今日行って来ました。

 前からある券売機で食べるのを選ぼうとすると、たくさんあるボタンで使用できるのは4つ。しかも普通のラーメンと思われる「極一品」とその大盛、そしてライスの並と大盛。てことは結局選択の余地なし! オープン直後とはいえ、せめてチャーシュー麺はできそうだがと思いつつも、写真を見ると2枚のってそうなので並¥750+ライス並¥100を注文。今思えば大盛の¥1,000は恐ろしい設定だな。

 出てきたのは想像通りのラーメンで、スープもおなじみの塩豚骨っぽい醤油豚骨。スープや麺の好みは受けられないとのことで不安でしたが、麺はまぁ硬めで良かったです。もともと好きなラーメンなので近所にできたのは歓迎ですが、もうちょっとメニューが増えてから行きたいですね。

ゴル麺。 4月7日(日)

 「ゴル麺が用田にできた」との情報を得たので早速行って来ました。しかし以前ここにあった真鍋家も好きだったのでちょっと残念です。斜向いの小林家の影響でしょうか。その小林家はライバル意識むき出しでラーメン¥500セールをやってました。

 HPで下調べをして、豪麺を食べようかと思っていたのに、何かメニューが違う…。なんか松壱家とおんなじな感じですが、肉盛り醤油(並)¥950を注文。

 こってりの豚骨醤油でありながら、しっかり醤油の味がするのでいろいろな味を楽しめそうです。チャーシューはおいしいけど、ちょっと貧弱でした。ネギとメンマはうまい。しかし松壱家と同じならわざわざやって来なくてもいいかなという感じでした。