Mac Book Pro 開封の儀


OSXをEl Capitanにアップグレードにしたものの、重かった動作がさらにもっさり。我が家のiMacも10年を迎えるということで、ついに買い替えを決意。

昨日午前中にポチして、今日の昼に届くとは、最近の配送サービスには恐れ入りますね。10年ぶりの購入なので、ある意味納車よりドキドキです。

続きを読む


Windows7でApple Wireless Keyboardが使えないので

 特に出かける予定のない3連休を利用して、かなり前からの懸案であった「BootCampのWindows7でApple Wireless Keyboardが使用できない件」の解決についに乗り出す。以下作業内容。

  1. Windows7を再インストールするため、MacのディスクユーティリティでBootCampパーティションを削除
  2. BootCampアシスタントでWindows用パーティションを80GB確保
  3. Windows7のDVDがブートしないので、仕方なくWindowsVistaをインストール
  4. Vistaより7にアップデート
  5. MacOSXのDVDでWindows7ドライバをインストール
  6. Apple Wireless Keyboardが使用できなくなる

 …終了。いろんなサイトを調べて、Bluetoothドライバを再インストールしたり、変更したりしてみたけど効果なし。キーボード使えないのは困るので、やっぱ職場と同じVistaに戻そうとパーティションの削除からVistaの再インストール作業をしつつ、世の中のOSシェアを調べてみると…

  …Vistaって超少数派なの!? 職場がVistaだらけだったもんで気づかなかった(汗)。Windows8が出るとは言え、Windows7をほとんど知らないのはまずいなぁと言うことで、Bluetooth キーボードに見切りを付けUSBキーボード購入を決定、そしてWindows7をインストール。

 と、ここで気づいたのだが、MacのDVDからドライバをインストールしなくても、Bluetoothマウス&キーボード使えてるじゃん。確かにドライバインストールしないとiSightカメラとか使えないけど、そもそも使わないしなぁ、と思い直してOffice2010やその他のアプリをインストール。Wireless KeyboardもMouseも順調! しかしいざ使ってみると、IMEの切り替えができなかったりいろいろと不便。やっぱドライバが入ってないからなのかなぁ? と悩み、5年が過ぎてもまだまだ現役をつづけるiMacのためにApple USB Keyboard購入を再度決意。

 当然ながら接続の問題はなくなり、Windows7でも快適に入力ができる…、ってオイ! IMEの切り替えができないぞ。VistaではMacと同様に[英数]と[かな]キーで切り替えができたような気がするが…

 で結局、Google日本語入力を使用すると、IMEのON/OFF切り替えのキーを設定できるとのことで、日本語入力にはGoogleを使用することに決定。

 えー、つまりまとめると、「Apple Wireless Keyboardが使用できないので、USB接続のApple Keyboardに買い替えた」というあまり解決になってない情けない結論に。まぁしょうがないでしょ。これが一番手っとり早いんだもん。Wirelessである必要ないし。