ウッドデッキ制作(3)

今日は大仕事になりそうなので、日が落ちるのを待たずして作業開始。まずはプラ束を配置し、大引を渡しますがここで問題発生。コンクリート平板の配置が適当だったため、束の中心がバラバラ。まぁ束が浮くようなことがあれば再度調整すればいいやと作業続行します。
束と大引配置

板を並べると幅がピッタリ。計算したから当たり前なんだけど、注文したサイズピタリにカットしてくれていたおかげです。床板にドリルで下穴をあけます。
床板にした穴をあける

下穴に従い、コーススレッド(ビス)で床板を大引に固定します。ネジの頭をなめないようにするためには、かなりの力が必要です。妻と交代で作業しました。
コーススレッドで留める

そして完成! あーでもないこーでもないとやりながら3時間ほどで意外とあっさり終了です。あっという間にできちゃったけど、作業が簡単だったのは木材がカット済だったのと、プラ束を使用したおかげでしょうか。完成してみると結構いい感じじゃないですか!
ウッドデッキ完成

個人的には完成ですが、奥様的にはパーゴラを付けたいんだとか。なのでまだまだ通過点です。完成直後、シャワーを浴びてデッキの上で一杯飲んだら、もー快適でした。でもこの時期虫除けは必須ですねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください