テキストのスタイル

テキストのスタイルを紹介します。

text-alignプロパティ

テキストの水平方向の位置を指定します。指定方法は以下のとおりです。

left
左揃え
center
中央揃え
right
右揃え
justify
両端揃え(欧文のみ対応)
単語間隔を調整し、左右を揃えます。(最終行を除く)

text-decorationプロパティ

テキストの文字装飾を指定します。指定方法は以下のとおりです。

underline
下線を引く
overline
上線を引く
line-through
取消線を引く
none
線なし

text-indentプロパティ

テキストのインデント(字下げ)を指定します。指定方法は以下のとおりです。

数値+単位
単位には、「px(ピクセル)」「em(エム)」などが良く使われます。
数値+%
数値をパーセントで指定します。

vertical-alignプロパティ

ボックス内のコンテンツの垂直方向位置を指定します。指定方法は以下のとおりです。

段落等の場合

baseline(デフォルト)
ベースラインに沿って配置します。
text-top
文字の上部分に沿って配置します。
text-bottom
文字の下部分に沿って配置します。
super
上付き文字の位置に表示します。
sub
下付き文字の位置に表示します。

「super」や「sub」は位置だけの指定で文字サイズはそのままです。上付き文字や下付き文字には文字サイズも調整される「SUPタグ」「SUBタグ」を使用することをおすすめします。

テーブルのセル等

top
セルの上部に沿って配置します。
middle(デフォルト)
セルの上下中央に沿って配置します。
bottom
セルの下部に沿って配置します。

letter-spacingプロパティ

文字間隔を指定します。指定方法は以下のとおりです。

数値+単位
単位には「px(ピクセル)」「em(エム)」などが良く使われます。
数値+%
フォントサイズに対する割合をパーセントで指定します。

word-spacingプロパティ

単語間隔(欧文)を指定します。指定方法は以下のとおりです。

数値+単位
単位には「px(ピクセル)」「em(エム)」などが良く使われます。
数値+%
フォントサイズに対する割合をパーセントで指定します。