「チャーシュー」タグアーカイブ

荒湘 2月12日(日)

今日は天気がいいのでDIY日和。朝から忙しいけどお腹も空くので、近場の荒湘にて活動です。

鶏ガラベースにすると待望の平打ち麺が食べれると言われていたのですが…、結局間違いのない、味噌チャーシュー(肩ロース)¥1,000を注文。

う〜、やっぱり豚骨味噌にして良かった。やっぱ冬は味噌味でしょう。

荒湘 12月5日(土)

  

今日は、天気もいいので散歩がてら活動をしようと、歩いて行ける美味しい拉麺店を検索したものの、めぼしい店を見つけられず、結局近くの荒湘へ行ってきました。

注文は、味噌チャーシューメン¥1,000。やっぱりこの味、安定してうまいなぁ。麺もしっかり歯ごたえがあり、改めて好きになりました。

荒湘

 

シルバーウィークのしょっぱな、今日は荒湘へ行ってきました。注文は、塩チャーシューメン¥950。

家計を考慮し、味噌味や種類豊富なチャーシューを避け、スタンダードな塩チャーシューを選んだ割にはほぼ¥1,000の大台に届きそうな価格設定。やはりコスパはイマイチかなぁ。荒湘の麺もチャーシューも好きなんだけどなぁ。

塩味も太麺もチャーシューももちろん満足の味。これでもう¥100安かったらもっと来れるんだけどなぁ。

荒湘 6月13日(土)

味噌チャーシューメン

今日は昼からのドライブということで、まずは腹ごしらえに荒湘へ。先輩には3種のチャーシューが選べる荒湘スペシャルを薦めつつ、自分はスタンダードな肩ロースの味噌チャーシュー麺を注文。

3種のチャーシューは満足してもらえたようでよかったです。さらにごちそうになってしまいました。ありがとうございました。

荒湘 4月29日(祝)

肩ロース・バラチャーシューメン塩

今日は、昼を大きく回っていたので、妻と荒湘へ行ってきました。
注文は、肩ロース・バラMIXチャーシューメン塩 1,000円。始めは味噌にしようかと思ったけど、塩にしてその分バラチャーシューにしました。

ひさしぶりのバラチャーシューは、やっぱりおいしい。いつも味噌ばかりなので、塩も新鮮だったし、どちらのチャーシューもおいしくて満足でした。そして、塩ラーメンにおろしニンニクという新しい試みも正解でした。

中華 四川 10月24日(金)

食べログ掲載でTVにも紹介された人気の店、四川に行ってきました。

混雑は想定していましたが、オープンのちょうど11時に到着したら、二つの駐車場はほぼ満車で、ギリギリ停めることができました。そして待つこと1時間。

ようやく入店し、担々麺B(中辛)¥900と半ライス¥100とオススメの叉焼¥300を注文。角煮のような叉焼は甘いかと思いきや甘くなくご飯に合います。
叉焼¥300

そして期待の担々麺は、あまり辛くなく拍子抜けしましたが、あとからじんわり辛さが来て個人的にはちょうどいい。でも辛い物好きにはやはりCがオススメです。

ご飯と合わせて麻婆丼みたいにして食べてもおいしいです。思わずスープまで完食しました。

担々麺¥900

あまりの混みっぷりに再訪はわかりませんが、次回は必ず叉焼は一人一皿食べたいかも(笑)。

荒湘 10月5日(日)

荒湘スペシャル味噌 ¥1,200

すっかり冷え込んでいるので、今日は暖かいラーメンが食べたいなぁと思い荒湘へ。台風が近づき豪雨のためか、ラッキーにも車が停められました。

注文は、荒湘スペシャル味噌¥1,200。肩ロース・モモ・バラのチャーシューが各2枚計6枚載ったチャーシュー麺です。3種のチャーシュが楽しめるので好きな方にはうれしいラーメンです。濃厚な味噌もおいしいけど、今日は「麺硬め」で注文するのを忘れ、さらにスープがちょっとぬるかったのが残念でした。

荒湘 5月5日(祝)

 本日は妻と一緒に荒湘へ行って来ました。

 注文は、肩ロース・バラMIXみそチャーシュー麺¥1,000。モモも悪くはないが、3種類では多すぎるので、2つを選ぶとするとこの組み合わせがベストかなぁ。しっかり味噌味のスープと太麺がよくあっています。

 次回はやっぱりトン辛をまた食べてみたくなりました。

ゴル麺。 4月7日(日)

 「ゴル麺が用田にできた」との情報を得たので早速行って来ました。しかし以前ここにあった真鍋家も好きだったのでちょっと残念です。斜向いの小林家の影響でしょうか。その小林家はライバル意識むき出しでラーメン¥500セールをやってました。

 HPで下調べをして、豪麺を食べようかと思っていたのに、何かメニューが違う…。なんか松壱家とおんなじな感じですが、肉盛り醤油(並)¥950を注文。

 こってりの豚骨醤油でありながら、しっかり醤油の味がするのでいろいろな味を楽しめそうです。チャーシューはおいしいけど、ちょっと貧弱でした。ネギとメンマはうまい。しかし松壱家と同じならわざわざやって来なくてもいいかなという感じでした。