ソファをDIY その2

先週、座面までできたDIYソファの作業を今週も進めていきます。まずは、背面をささえる柱を加工します。斜めの線はホームセンターでカットしてもらえないので、自分で切らなければなりません。もちろん丸ノコを使用しますが、一部手挽きのノコギリも使用します。

まずはカットする線を引きます。間違えないようしっかり計算します。

丸ノコの刃を斜めに設定するところは、角度を計算しなかったため目視で設定しなければならず、ちょっと苦労しました。L字カットのところは、手挽きでカットしました。

こちらは、強度を高めるため、設計とは変更して2×4材の向きを変更しました。L字にカットして上と裏の2方向からビス留めすることで、がっちり固定します。

背もたれのクッションが沈まないように乗せるための棚です。1×4でも良かった気がしますが、分厚いのでビス留めはしやすかったです。

背板は1×4材を3枚。1枚分の間隔を空けるため、真ん中の板は固定せず、位置を決めるために置いてあるだけです。こうして上の板をビス留めしたら、真ん中の板を外します。

背板の上部には、キャットウォークとして1×6の板を張っています。背もたれのクッションと面一になる計算です。目に見えるビス穴を丸棒で埋めて完成! Cozzyが作業する一方で、妻がスチールウールでブライワックスを刷り込み、「ずっと触っていたくなる手触り」に仕上げてくれました。

用意していた市販のウレタンクッションを配置するとこんな感じ。スバラシイ! 妻も喜んでくれ大成功です。しかしこれはまだ始まりに過ぎません。次はダイニングテーブルが待っています。

ちなみに、Illustratorで作成した図面はこちら。サイズは1/10で作図したので、簡単にバランスをイメージすることができました。

丸ノコを導入

この家にやってきてから7年以上、いろいろなものを作ってきましたが、そろそろ丸ノコが欲しいなということで、165mm刃のマキタM565を購入しました。1,000円ほどしか変わらない190mm刃のM585と相当悩んだんだけど、丸ノコ初心者だし使いやすさを重視しました。
続きを読む