テーブルをDIY


ようやくソファを作ることができましたが、テーブルも必要とのことで一息つく間も無くデザインに取り掛かるも、なかなか納得いくデザインが思いつかず、試行錯誤をしてようやくデザインがまとまったので、連休に入る前に製作に取り掛かります。
続きを読む

ソファをDIY その2

先週、座面までできたDIYソファの作業を今週も進めていきます。まずは、背面をささえる柱を加工します。斜めの線はホームセンターでカットしてもらえないので、自分で切らなければなりません。もちろん丸ノコを使用しますが、一部手挽きのノコギリも使用します。

まずはカットする線を引きます。間違えないようしっかり計算します。

丸ノコの刃を斜めに設定するところは、角度を計算しなかったため目視で設定しなければならず、ちょっと苦労しました。L字カットのところは、手挽きでカットしました。

こちらは、強度を高めるため、設計とは変更して2×4材の向きを変更しました。L字にカットして上と裏の2方向からビス留めすることで、がっちり固定します。

背もたれのクッションが沈まないように乗せるための棚です。1×4でも良かった気がしますが、分厚いのでビス留めはしやすかったです。

背板は1×4材を3枚。1枚分の間隔を空けるため、真ん中の板は固定せず、位置を決めるために置いてあるだけです。こうして上の板をビス留めしたら、真ん中の板を外します。

背板の上部には、キャットウォークとして1×6の板を張っています。背もたれのクッションと面一になる計算です。目に見えるビス穴を丸棒で埋めて完成! Cozzyが作業する一方で、妻がスチールウールでブライワックスを刷り込み、「ずっと触っていたくなる手触り」に仕上げてくれました。

用意していた市販のウレタンクッションを配置するとこんな感じ。スバラシイ! 妻も喜んでくれ大成功です。しかしこれはまだ始まりに過ぎません。次はダイニングテーブルが待っています。

ちなみに、Illustratorで作成した図面はこちら。サイズは1/10で作図したので、簡単にバランスをイメージすることができました。

今週も工作

昨日は、セリアとダイソーで工作の材料などを爆買いしてしまったので、今日はまたまた工作です。天気が良くてドライブ日和だけど、工作日和でもあるってことで。

さぁ、1作目はこちらの材料です。セリアのウッディスクエアBOX小、と桐カッティングボード2枚と、丸棒で作るものは…

続きを読む

リベンジ ペンたて(編集済)

前回製作した、焼杉のペンたてが微妙だったので、新たに薄い板材を買ってきて、六角形のペンたてを作ってみました。右は杉の角材に9mmのドリルで穴を開けただけの鉛筆たて、奥は100均で買ってきたボックスです。

今日はこの3品に、ワトコオイルのドリフトウッドで着色してみます。
続きを読む

焼杉加工

木のぬくもりのあるペンたてが欲しいなぁと思ったので、薄い板材を買いにホームセンターへ行ったら、いろいろな種類があったので、そうだ焼杉をやってみようと杉材を購入。

簡単にボンドで組んで、ペンたての形ができたので、ガストーチで表面を炙りました。木の柔らかい部分が炭のようになるまで炙り、タワシでこすると炭化した部分だけが削られて、凹凸が出てきました。

少しツヤを出そうと、仕上げにブライワックスで磨きましたが、あまり変化はありませんでした。ペンたてを作ったつもりが、蕎麦屋の箸たてのような和テイストになってしまいました。焼杉加工は和の雰囲気を出すのにいいんでしょうね。