iMac (Mid 2007)をSSDに換装


最近、SSDの価格が落ち着いてきたので、12年物となってしまった我が家のiMac(Mid 2007)をSSDに換装することを決意。かなり前にブックマークしていた、こちらのサイトを参考にさせていただきました。

肝心のSSDは、メーカー/容量で悩みに悩んで、SAMSUNG 860 EVO 250GBに決定。Amazonで¥5,000を切るといったところです。わざわざiMacを分解して換装し、また調子が悪くなってまた分解となるとウンザリだし、サブマシンにコストをかけるのもいかがなものかと思い、低コスト/高信頼のバランスをとったつもりです。

さぁ、ドキドキの分解ですが、前述のサイトを参考に、ガラスを吸盤で外し、INカメラのコネクタを外し、アルミ筐体を剥がします。むむっ、スタンドの裏が華丸のオシッコで腐食してるし…。

12年とはいえ、それほど過酷な環境で使っていたわけではないので、埃は大したことないんだけど、せっかく開けたのでキレイにしておきたい。迷ったけど禁断の掃除機が確実。綿棒で埃を剥がしながら掃除機で吸ったら、だいぶキレイになりました。

無事、液晶を取り外して内臓HDDなどがお目見えしたので、液晶をスタンドに立てかけて(写真では液晶がスタンドにあたってるので、このあと布で保護しました)、この状態で交換作業に取り掛かります。

HDDを取り外し、SSDをつなぎ、参考サイトと同じようにマスキングテープで固定し、意味があるかわからないけど温度センサーも貼り付け、元通りにしました。

おそるおそる電源を入れると…、やった!ちゃんと画面が出た。あとはOSをインストールすれば終了だ! 本当にこんなにあっさり成功していいんだろうか?

Snow Leopard(10.6)のDVDがあったので、まずこれをインストールし、El Capitan(10.11)まで上げられるようなので、これをダウンロードし、これも無事完了。この時点でSSDはまだ200GB空きがある。これなら250GBで十分だ!

目に見えて高速になり、大満足の結果に。具体的な起動時間は以下の通り。

macOS(10.11)
60s → 26s
Photoshop CS6
135s → 6s
Illustrator CS6
120s → 20s
Word 2016
80s → 5s
Excel 2016
80s → 5s
Safari
13s → 2s

現在のメインマシンMacBook Pro(13inch 2017)を脅かす快適ぶり。まだまだバリバリ働いてもらいましょう!

コメントは停止中です。