MINIバッテリー交換

MINI購入より6年が経過し、前回の車検でバッテリーを交換するよう言われていたんですが、ディーラーでは工賃込みで約5万と恐ろしい価格なので、自分で交換しようと考えていました。ただMINIのバッテリーは20kgほどあるので、1人での作業は難しいとのこと。ちょうどそこへお盆に「車好きの集い」が予定されたので、装着を手伝ってもらおうと急遽ドラレコとバッテリーをAmazonで購入したのでした。

MINI(R56)に適合するこちらBOSCHのSLX-7Cは、16,000円ほど。工賃タダなら激安です。

で、結局「集い」が中止になってしまったので、自力で交換することになってしまいました。幸いMINIのバッテリーは助手席側に寄っているので、何とか1人でも作業できるとのこと…。MINI販売店iRのサイトを参考に、まずはバッテリーを覆っている蓋を外します。

続いてカバーを固定しているビスを3本外し、カバーに固定されているウォッシャーホースを外し、バッテリー周りのカバーを外します。

-端子、+端子を外したら、ガス抜きホースと固定用の長いビスを外し、バッテリーを引き上げますが、固着しているのか重いのか一筋縄ではいきません。しかも外した端子が結構邪魔で思い切り引き上げられないので、かなり苦労しました。

左が新しいバッテリー、右がBMW純正バッテリーです。いずれも重いので取っ手がついています。

やはり端子が邪魔となって、新しいバッテリーを入れるのも大変。片側ずつ端子を避けて、ようやくはめ込みました。

端子を装着したので、ここで始動テスト。不安でしたが難なく1発で始動。しかしモタモタしていたためか、時計がリセットされてしまいました。

マニュアルを参照してラジオから日時設定を行いますが、インターフェースが分かりづらく今回の作業で一番ハマりました。

でもなんとか設定を終え、カバー類も元どおり装着して作業完了。なんだかんだで1時間ほどかかってしまいましたが、費用が大幅に削減できましたし、暑い日が続いているのでトラブルも心配だったので、バッテリー交換ができて良かったです。これで来年の車検も怖くない!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください