ドライブレコーダー装着

奥様からの強い要望により、ついにドライブレコーダーを購入しました。最近では前後カメラ付きで1万円を切るモデルもありますが、信頼できる国内メーカーが良いとのことで、JVC KENWOODのGC-DR20を購入しました。

機能はいたってシンプル。駐車監視機能はなく、エンジンスタートと同時に録画を開始し、ストップで撮影終了。WiFiでスマホ転送機能はあるけど、GPSはなし。まー目的は万一の時の証拠動画撮影にあるのでいいんですが、15,000円出すなら…、とちょっと微妙。


製品構成もシンプル。カメラ本体、取り付けブラケット、USB電源ケーブル、USBシガーソケットアダプタ、microSDHCカード8GBなど。


お休みを利用して、箱根へドライブに行くことになったので、急遽ドラレコを仮留めして、録画テストをしてみることにしました。装着位置は説明書通り、ルームミラーの裏、助手席側です。この位置だと運転席からは全く見えませんが、運転中見ることができないので却って安全かもしれません。配線も仮なんですが、うまいことピラーに隠れたので、現状でも問題ないレベルです。


カラーバリエーションがブラック、ブラウン、ブルーと3色あり、白いルームミラーに一番馴染みそうなブルーを選びました。ホワイトがあれば良かったんですが。

撮影画角8GBで保存できる目安は約3時間(音声なし)。音声オンにしたらどれくらい保存できるかはまだ調べてません。あとレンズが魚眼タイプなのでちょっと違和感がありますが、そこそこ画質もいいし、何と言ってもいざという時に安心が持てます。ただし、シガーソケットを占有してしまい、iPhoneの充電ができないので、いずれヒューズ電源ソケットを買ってきてつけたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください