ショートコースで軽く練習

来週のラウンドを控え、今週末は練習場へ行って練習しようか迷っていたら、ショートコースでの練習に誘われたので、ちょっと足を伸ばして、青梅リバーサイドパークというところへ行ってきました。

ショートコースなのに立派なクラブハウスにまず驚きましたが、プランは平日・土日祝共に¥3,000のセットにしました。練習場のボール80球+ショート9H+食事のセットです。平日なら+¥900でもう1周できるようです。

とりあえず、2人で80球を半分ずつ打ちました。打席練習場は広々として開放感があり、気持ちを高めていざ、ラウンドへ。地元のショートコースと違い、100y以上が何ホールかあったので選んだのですが、今日のグリーンはサブグリーンばかりで、せっかく7〜9I,P,S,PTと持って行ったのに、ほとんどPとSしか出番がなく残念でした。

写真を見ると一瞬、普通の練習場にも見えなくもありません。

距離が短いのはいいとして、ティーグラウンドが人工芝マットのため、ショートティーすらささらず、前から打つのでさらに距離が短くなるし、グリーンは普通のコースのフェアウェイ程度のため、パットも厳しい。さらには初心者も多いため、ちょっとでも距離がある(それでも120yほど)と、つまってしまって何組も待ちが出てしまう始末。まぁこれは初心者向け施設だから仕方ないのかな。

入口ではきっちり入場制限をしているのですが、天気のいい日曜だし、かなり混んでいたのでリズムが出ず、練習場のイイ感じはどこへやら。結局見所は1Hの旗包み(カップインしなかったけど)と、最終9Hの1オン1パットのバーディくらいでしょうか。

ラウンドを終え、食事は少し混んでいて待ちましたが、チャーハンと餃子のセットをいただきました。量は少なく見えましたが、苦しくならず適量で、できたてで温かかったので美味しくいただけました。

食後は、練習球がもう80球残っているので、反省会がてら打席練習場へ行きましたが、午後になり混んでいて、2F打席になってしまいました。でもそのぶんゆったり楽しめ、いろいろお互いのクラブを試し打ちしたり、スイングスピードを測ったりして、面白かったです。

ちょっと遠くて交通費はかかりましたが、プレーフィを奢ってもらっちゃったので、有り難かったです。でも近ければ¥3,000で打席練習して、ショートコース回って、食事までできるからほぼ1日楽しめますね。施設は素晴らしいので、ティグラウンドのマットとグリーンをもちっと何とかして欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください