椅子を塗装してリニューアル(1)

最近また、何かしら作りたくてインテリアの本などを読みあさっていたら、木工作品をアンティーク風に塗装するのが面白そうで、やってみることにしました。

中でも有名なのがオイルステイン(オイルフィニッシュ)のワトコオイル。オイルを刷毛で塗布して乾かし、布で余分なオイルを拭き取るという手軽さ。

試すのは、5年前に制作した、SPFの椅子です。よりアンティーク感を出すには、角を削ったり、引っ搔き傷を付けたりするそうですが、すでに我が家の猫たちが”加工”してくれており、ささくれているところもあるので、100〜240番の紙ヤスリで表面をきれいにします。

そして、これがワトコオイルのミディアムウォルナットで塗装したところ。この色は明るい色ですが、だいぶ雰囲気が変わり、味が出ています。

ワトコオイルは植物由来オイルで香りもやさしく、安心して使うことができます。さぁ、次回はブライワックスをお試しだ!


椅子を塗装してリニューアル(1)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 椅子を塗装してリニューアル(2) | Cozzyのひとりごと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です