プロバンス旅行 アヴィニョン近郊

 本日は早起きしてまずはローマ時代の水道橋(飲料水を送る路)のポン・デュ・ガールへ。世界遺産なので本来は観光客が多いはずが、早朝なので人は皆無。博物館などの施設は開いてないけど、橋をじっくり眺められたのが最高でした。

 そして静かな街グラヴェソンでパンを買い、朝食をとったらアロマ博物館へ。しかしWebサイトやリーフレットを見ても場所が曖昧で、探しながら何とかたどり着きました。内部はアロマオイル製造の歴史や道具の展示があり、マッサージを受けたり、自然に囲まれたレストランで有機野菜を使用した食事を楽しみました。

 サン・レミ・ド・プロバンスでは、アルピーユ山の素晴らしい眺めに急遽立ち寄ると、その反対側に本来目指していた古代遺跡を発見。ローマ時代の霊廟と凱旋門がしっかり残っています。

 アヴィニョンのホテルに戻ると、昨日は空いていたホテル内の無料駐車場が一杯とのこと。たまたま空いたホテルの前の有料駐車場に無料時間になるまでの2時間/2ユーロで停められました。街のオーガニックレストランで食事をしてホテルに戻るとまたウトウト…。今朝も早起きだったからなぁ。

アルバムはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください